出産祝いを送る時には

出産祝いを贈る時に最初に問題になってくるのが、いつくらいから送れば良いのかという事です。生まれた瞬間に送りたいという方もいらっしゃるかも知れませんが、出産直後はとてもドタバタしておりますので、生後7日目を過ぎたあたりから生後1カ月位までがベストなタイミングです。出産にはさまざまな危険が伴うことも少なくありませんので、先走ることなく、必ず無事に出産出来たと言う知らせが来た上で、母子共に状態が安定している事を確認した上で送るようにしてください。この生後七日目と言うのは、七夜という命名式があります。そこからお宮参りの生後1カ月以内は、出産した熱が残っている時期ですので、このタイミングがベストだと言えます。

また、出産祝いの相場も重要な問題です。これはという明確な相場はありませんが、親しい友人の場合には、5,000円から10,000円、会社の同僚や知人の場合には、3,000円から5,000円、親戚や親族などの場合には、10,000円から30,000円程度が目安となっております。会社の仲間や友達などで出産した方がいるような場合には、会社の同僚の方や友人からお金を集めて一同で金額の大きいプレゼントを贈るというのも主流になってきております。親族などの場合には、お相手が欲しがっている物を聞いてから送る事もあります。

ベビー服の種類

出産祝いにベビー服を送るような場合には、どのようなベビー服がどのような月齢に必要になるのかをしっかりと確認しておく事が重要になります。ベビー服の種類によっては、いくら可愛いからといっても、あまり使用頻度の少ないアイテムもあるからです。

新生児の時には、当然ですが自分では動く事ができません。その為、オムツを替えるのが簡単な短肌着や長肌着がおすすめです。また、少し大き目のツーウェイドレスなどもおすすめなのですが、この時期に着る物は、相手側で用意しているケースが多いので、あえて外す事がポイントになります。

3ヵ月の頃になると、眠りながらも足をバタバタ動かすようになってきますので、長肌着では直ぐにめくれてしまいます。その為、ツーウェイドレスや、カバーオール、ロンパースが必要になります。半年くらいが経過すると、寝返りはもちろん、おすわりやハイハイも出来るようになります。その為、ツーウェイドレスやカバーオール、ロンパースから上下の分かれたトップスやパンツなどに移行していきます。どのタイミングで出産祝いを贈るか分かりませんが、多いのが60サイズくらいのロンパースやツーウェイドレス、カバーオールなどをプレゼントされる方が多くなっており、大変喜ばれているのでおすすめです。

出産祝いにベビー服を贈ろう

大切な人が出産する時には、言葉だけでなくなんらかのプレゼントをしてお祝いしたいと思われる方も多いと思います。特に大事な方への出産祝いともなれば、どんな出産祝いにしようか、プレゼント選びも楽しくなってくると思います。出産祝いには大定番となっているベビー服ひとつとっても、色々な種類がありますので、しっかりとこだわりの感じられるアイテムを選ぶ事で、喜んでもらえると思います。特にちょっとだけお高いブランド物のベビー服などは、贈り物として最適です。

出産祝いにベビー服を送るような場合には、今すぐ着る事ができる小さなベビー服よりも、ちょっと大きくなってから着る事ができるベビー服がおすすめです。生まれてすぐのサイズのベビー服は、既に購入して数が足りている毛0酢が多いので、これから少し近い未来に購入する事になるであろうちょっと大きなサイズのベビー服は、かなりポイントが高いと言えます。喜ばれる事の多いサイズは、生後6ヶ月以降から着ることができる70サイズがおすすめです。その時期には、どうしても赤ちゃんグッズなどを購入していて、どうしてもベビー服にお金をかける事が難しい時期でもありますので、ちょっと手が出ないようなブランド品や、少し成長しても着る事が出来る羽織るアイテムなどもおすすめです。

このように出産祝いには、あらかじめ相手の事を考えて送る必要があるのですが、出産をしていない方の場合には、どのようなアイテムを送ったらよいかわからない方も多いと思います。そこでこちらのページでは、出産祝いにベビー服を購入する際に知っていて欲しい事をご紹介していきます。